Archives

いまあなたは、April 2008のアーカイブを見ています。
ブログ花盛りである。
あらゆるジャンルのブログがあるが、猫のブログは特に人気だ。
サイトを読むと飼い猫に寄せる飼い主の愛情もよくわかり「猫かわいがりする」という古くから用いられてきた表現のうまさに今更ながら肯く思いである。

サイトより拝借した下の写真は「ぺろり-かご猫Blog」という猫ブログの1枚。
東北地方と思われる田舎で飼われている3匹の猫の日常写真が日々upされている。
大半の猫ブログの主人公達が街に住む飼い猫やノラ猫であるのに対し地方の伸びやかな自然環境の中で暮している猫たちの姿に人間社会との対比も感じさせ妙に魅了されてしまうのである。朝、ネットにアクセスしまづこの猫たちに接してから1日がスタ-トである。

共感する人も多いようで先日覗いた本屋では、この猫たちが評判の猫グログを紹介した本の表紙になっていた。小さな生き物の幸せそうな様子に安らぎを覚えるという人の多いことは当たり前とは言え今の時代喜ばしいことである。

ねこ
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

04/20: 酒場の灯

灯り

呑ん兵衛にとり飲み屋の灯りは、何かほっとした想いを抱かせる。
小さな露地にこれまた小さな店が雑然と軒を並べる風景など誠に心が和む。
とは言っても、ここ数年の間に個人経営の飲み屋も少なくなった。
10年近く通った沼津の「酔亭屋(よってや)」というお店が店仕舞いした時は本当に残念だった。沼津、三島の駅の周辺も大手チエ-ンの支店ばかりが目に付く。

夕刻TVで「はぐれ刑事純情派」なる刑事ドラマがよく再放送されているが、ドラマのラストは藤田まこと演じる安原刑事が真野あづさ演じるスナックのママと談笑する中で堀内孝雄のエンディングテ-マが流れて来るという設定だ。

自宅より徒歩で通えるような至近の距離に女優の余貴美子さんに良く似たママの経営する止まり木があり気分の冴えない夜など静かに語らえる時間が持てたらいかに楽しいかと夢想してしまう。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

04/12: シアタ-

ビル

自宅より徒歩10分の至近距離に北米のショッピングモ-ルを思わせる複合商業施設がオ-プンし同時に県内最大規模と思われる映画館も併設されることとなった。
熱烈な映画フアンでなくても「ラッキ-」という感じである。(注:写真は無関係)

久しぶりに映画館へ行く嬉しさもあり立て続けに3本観た。
まづ、地球環境の悪化をテ-マにした「ア-ス」これはまづまづ。
2作目は「ライラの冒険」よろい熊の戦闘シ-ンにはCGの凄さを再認識しても当方の感性がおいつかぬのかそれ以外の感想はなし。
そして3作目は「モンゴル」荒唐無稽なスト-リ-展開に言葉もなしという状況でありラジオ「ビバリ-ヒルズ」で高田文男が褒めていたので出かけたのに完全に肩透かし。

映画界の凋落が長いこと指摘されるが前宣伝の派手な映像に比較し誠に中身が乏しいと言わずにいられない。先日逝去したチャ-ルトン・ヘストンの「ベンハ-」やラッセル・クロウの「グラディエイタ-」のような作品に出会うことは誠に難しいと久しぶりに実感している。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

04/06: 春・山梨

わに

この季節、山梨は花盛りだ。
日蓮宗総本山である身延のしだれ桜、日本三大桜のひとつである北杜市の神代桜そして全国有数の生産量を誇る桃の花も咲き始め走行中の車からも目を楽しませてくれる。

写真はサッカ-中田英の故郷である韮崎市の「わに塚の一本桜」
山頂に雪を残す八ヶ岳をバックに美しい姿だ。
吉野山の桜のように連なりで咲く桜も美しいが周囲を圧しながら孤独に咲く様は凛とした気品と潔さを感じさせ、惚れ惚れと見とれてしまった。

八ヶ岳
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama