Archives

いまあなたは、September 2011のアーカイブを見ています。


晩夏と呼ぶがふさわしいのか初秋と呼ぶほうが正しいのかよく分からんが暑い。
寝苦しい夜の体調管理に失敗し本夏6回目の洟風邪に苦労している。
ところ構わずクシャミ連発で、もう暑い夏は願い下げという感じだ。

この夏も色々あった。首相は変わり紀伊半島は豪雨に見舞われ、台風は動けず停滞し、短時間の内にも実に様々なことに遭遇するものだ。
東北の大震災も時の経過に伴い目覚ましい復興を遂げているようにも感じられない。
東北産の花火の打ち上げにクレ-ムがついたり被災地の樹木が送り火として燃やされることに非難が集まったりと呆然として接するニュ-スも多い。

マスコミに叩かれ鉢路良雄大臣が舌禍で辞任するような恒例行事もあったが私がこの夏もっとも驚いたのはWikipediaで鉢路大臣の出身が北海道の新十津川町であることを知ったときであった。御先祖は明治の大水害により壊滅的被害を受け紀伊半島の十津川村から北海道へ渡った可能性が高いということではないか。
全く言いようもない複雑な思いでPCの画面に見入ってしまった。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama


月曜の夜9時より吉田類の「酒場放浪記」という番組がBS-TBSで放映されている。
いい番組だ。酒好きにはたまらない。
一回の放映で四軒の居酒屋を訪ねる構成であり一軒につき約15分割り振られている。

酒好きな吉田類が様々な居酒屋を訪問し名物の肴に舌鼓を打ちつつ杯を重ね、最後はいい感じに出来上がって「私はこれからまだ2,3軒は行きますよ」という言葉で締めくくる内容だが見ていて時間の経つのが速いこと。全く内容が無いと言えば無いがこの軽さは誠に心地よい。

暗い出来事ばかりが多い中、堅苦しい番組だけを見ていても心は晴れず、さりとて低俗なお笑い番組も「ノ-サンキュ-」という感じであり、妙に心を捕えられることとなった。
それにしてもこのおっさん、これだけ飲んで肝臓その他大丈夫なのであろうか。
出身は高知とのことだが土佐人は酒が強いということの実証と言えそうだ。
痛風に気を使い隔日飲酒を心がける身には羨望の思いしかない。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama