Archives

いまあなたは、January 2012のアーカイブを見ています。


静岡も冷え込む日が続く。
もっとも北国、豪雪地帯の人たちの苦労には比ぶべくもないが。

この冬は入浴剤にはまってしまった。
頂戴した「バスエッセンス」を使い続けるうちに、香りや色味の無い風呂がいたく味気ないものと思うようになった。

現在「露天の宿」という入浴剤を毎日使っている。有馬、草津、別府、箱根、登別の5つの名湯のエキスがそれぞれ4パックづつ計20パックはいっている。
一番のお気に入りは別府だ。白濁した色味といい香りも好ましい。
九州の出とはいえ未だ別府の湯に浸かったことはなかったので嬉しい発見でもある。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

01/14: 時代劇



NHKで時代劇が激減していることをとりあげていた。
現在放映されているのは民放の1本だけらしい。
我々が日頃目にするのも再放送ばかりだ。

時代劇フアンは高年齢層に偏っているが、世代として購買力が弱いのでスポンサ-が嫌っているとの分析であるが残念ながら的を得た見解だろう。

月曜日に夕方7時からBSフジで「鬼平犯科帳」が再放送されているが何度見ても素晴らしいと思う。ワンカット、ワンカットの美しさといいい全編に醸し出される緊張感が見事だ。中村吉右衛門のような実力派俳優が存在することを知り得たのも嬉しいことだと思う。

時代の流れや景気の低迷で古き良きものが忘れられ冷遇されつつある現状は残念である。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

01/04: 年明け



新しい年も瞬くうちに過ぎてゆく。
箱根駅伝の2日間だけが新年の盛り上がりのようだ。

雑誌、新聞も本来の発刊態勢となってきたが、明るい論調は少ない。
政治に続き資本主義も金融資本主義に変貌を遂げたことで破綻寸前とあるが、実感が伴う。
年金ももらえるのであろうか。その前に「円」が紙くずになるやもしれない。

日刊ゲンダイに「これから先進国は日本のように長いトンネルにはいってゆく。その日本は20年間マイナス成長でも暴動は起きていない。気が付いたら日本が世界の先端を行っているかもしれない」とあった。

ぼちぼちの一年で良いが国債暴落などで世の中が滅茶苦茶になり国民が悲嘆を被らぬ年であって欲しいものだ。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama