Archives

いまあなたは、February 2012のアーカイブを見ています。

02/21: 田子の浦



富士市田子の浦。
万葉集の中でも名歌とされる一首で詠まれた地である。

   田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ
             富士の高嶺に雪は降りける

今でも素晴らしい景観だが、遮蔽物もなく富士の裾野が遥々と見渡せる中、降るつもりいく雪はいかに素晴らしいものであったであろう。

現実に歌の詠まれた地がどこであったかの論争はあるようだがそれでも田子の浦港は懐かしく優美な詩歌の故郷であると思う。
Category: 言葉と風景
Posted by: sawayama

02/14: 花の季節



2月ももう半ばだ。誠に時の流れははやい。
冷たい雨の降る日もあれば少し南風を運んでくる雨の降る日もある。
でも「ひと雨ごとに春の気配が云々」という雨には、まだ少し遠そうだ。

ここ数日新聞に、河津桜や富士岩本山の梅林の話題が採り上げられている。
少しずつカメラにはまりつつあるおじさんには例年になく花の季節が待ち遠しい。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

02/03: 政治談議



被災地の廃材処理問題が揺れている。
「痛みは皆で分かち合い支援できることは支援してやれば良いではないか。」と思っているので各地の騒動が今一つピンとこなかった。

先日神奈川県の某所での行政と市民との間の説明会の様子をTVで見たが反対派が多数参加する中、その主張は「政府のやることは全く信用できん」ということだった。
環境への影響を懸念しながら「誰が責任を持つのか」という発言を聞いていると至極尤もなことと思う。政治への信頼の揺らぎが国家への信頼への揺らぎへとストレ-トにつながっている。

昨日沼津市内の喫茶店で食事を採っていると隣席で相当高齢と思われるおばさま二人が声高に政治を論じていた。聞くとはなしに傾聴する形となったが、その論舌の鋭いこと脱帽であった。小泉前首相と大阪の橋下市長の比較論、維新の会がキャスティングボ-ドを握った時の期待と怖さについてのやりとりなどは誠に聞き応えがあった。
おばさま二人離席の後、店を後にすることとなったので随分長いランチタイムとなってしまった。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama