Archives

いまあなたは、August 2013のアーカイブを見ています。


トラが読売に5差と迫っての首位攻防、トラ寄りの新聞紙面には戦前より威勢の良い言葉が並んだが蓋を開けると連敗。毎度のことなので落胆はないが、ただ虚しい。
もう他球団のロ-トルを獲るのは止めてコツコツ自前で育てて欲しい。

現在のプロ野球の最大の関心はヤクルトのバレンティンが55本のホームラン記録を塗り替えるか否かの一点のみだ。王の作った「55本」を「超えさせてはならぬ聖域」と考える日本球界でいかなる形で結末を迎えるか誠に興味深い。

ヤクルト残り32ゲーム、1ゲ-ム4回打席に立つとして128打席、四球攻めに終始すると日本のプロ野球の「しょぼさ」を改めて印象づけフアン離れを加速させそうな気がする。
Category:
Posted by: sawayama

08/21: 夢日記



よく夢を見る。荒唐無稽なスト-リ-が殆どであるが時々記憶に残るものもある。
そんな中、夢日記なるものをつけてみようかと思い立ち4月13日から始めてみたが今日現在で21編もたまってしまった。
今日改めて読み直してみたが、実生活の日記より遙かにおもしろい。
地図も付け加えてあるので臨場感もバッチリである。

一番気に行っている夢は、フランスでプラタナスの植えられた通りをバスに乗って走っている夢であるが、アンリマティスの絵のような色彩感を以て記憶に留められている。

自分のもやもやとした記憶の中にもはや夢かうつつか分からぬ風景が幾つか出始めているが、この夢日記を記し続ける限り今後は幻の風景は幻として区別できよう。
吾ながら暇なことだと思うが、難点は夢を忘れぬよう眼を覚ます度に反芻しなければならぬ点である。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama


日曜の午後フジテレビ系列で放映される「ザ・ノンフィクション」は良い番組だ。
先日は山村留学制度がこの春を以て終わった北海道美利河小学校の閉校前最後の1年間ドキュメントであったが、随所にほろりとさせられた。

預った子を我が子を育てるように厳しさを以て愛する老夫婦。そして見事にそれに応える子供たちの成長。なんと意味のある時間の経過であろう。

この番組の持つ魅力は「生きていく」ということの意味と「本当に大切なものは何か」という事を様々な形で問いかけていることにあると思う。末長く続いて欲しいものだ。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama


所用で上京したついでに恵比寿の東京都写真美術館に足を運んだ。
世界報道写真展の最終日であり多くの人が訪れていた。
パレスチナ問題やシリア問題は多くのことを考えさせられるが、イスラエルのミサイル攻撃で亡くなった4人の幼子の前で慟哭するパレスチナ人の姿には胸を衝かれた。

一木一草にまで神が宿るとする日本人の良い意味での宗教的緩さは本当に幸せなことだと思う。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama