Archives

いまあなたは、May 2014のアーカイブを見ています。

05/26: 一大事



先日アメリカで猫が犬に体当たりする動画が撮影され話題となった。
飼い主宅の坊やが侵入して来た犬に噛みつかれ、それを目撃した猫が「一大事」とばかり体当たりして犬を追い払ったというものである。

自分のテリトリ-に無断侵入して来たものへの強烈な意思表示だったのかは謎であるが、ただ動画を観る限り感動的であった。
日頃マイペ-スで犬ほどの忠誠心はないという猫であるが、「可愛がってくれる者にはそれに応える熱いものをちゃんと持ってぜ。」そんな気にもさせてくれる衝撃の映像でもあった。

Category: つぶやき
Posted by: sawayama


月曜9時のドラマ「極悪がんぼ」は久しぶりにおもしろいドラマだ。
ナニワ金融道を彷彿とさせるような内容には毎回興味をそそられる。
三浦友和も誠に良い味を出しているが、それにしても尾野真千子は強烈な個性の女優だ。
彼女の啖呵を聴いているだけでスカッとするものがある。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama

05/07: 荒地の恋



ねじめ正一が中央公論文芸賞を受賞した「荒地の恋」をここしばらく読んでいた。
詩人北村太郎の異性関係を綴った本であるが、思ったよりおもしろかった。

北村太郎は昔、トレヴェニアンの「夢果つる街」を読んだ時、訳を手掛けていた人であり、その訳のうまさにずっと記憶に残っていた人であるが今回実像に迫ることもできなかなか良かった。

   朝の水が一滴、ほそい剃刀の
   刃のうえに光って、落ちる それが
   一生というものか。残酷だ。

常人には詠めない感性はやはり詩人のものだ。
Category: 読書の喜び
Posted by: sawayama