直木賞に黒川博行氏が決まった。非常に喜ばしい。
浜田文人、横山秀夫と並びこの分野では一目置いている作家だ。

最初に黒川博行を読んだのは今回の受賞作となった「疫病神」シリ-ズの初期の作品であった。産業廃棄物の処理場を巡るスト-リ-であったが、多少業務に関連を持つ者としてリアリティの高さと筋書きのうまさに感心した。そしてその後の作品も期待を裏切らない。

或る評論家が黒川博行がまだそれ程多くの人に読まれていないのは、「舞台設定が裏社会であることが大きいのでは」と指摘していたが、一度読むとその関西弁ト-クの歯切れの良さに多くの人が引き込まれるのではないかと思う。新刊の待たれる作家だ。