Archives

いまあなたは、February 2015のアーカイブを見ています。

02/23: 後妻業



黒川博行の「後妻業」を読む。現実感のある話だ。
京都のおばちゃんが過去10回近い結婚・離婚を繰り返し周辺で多くの男性が不審死しているという事件が進行中であるだけにリアィティは高まる。
作者もこの事件を念頭に置いてプロットを考えたのではと思えなくもない。

小説では結婚相談所の経営者とおばちゃんがぐるになる構図だが京都の事件はどうなのだろう。
年齢の割にかわいらしい印象でありコロリと落とされた高齢者は多いだろう。
単独犯とするなら歴史に残るような殺人者と言える。

彼女は福岡の東築高校卒業とのことだが優秀な高校であり高倉健の同窓ということになる。
知人にはこのことがとても残念だという人もいる。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama


後藤さんのイスラム国による拉致は残念な結果となった。
混沌とする中東情勢はテロとの兼ね合いで不安感が募る。

先日来、四方田犬彦氏の「モロッコ流謫」という本を読んでいる。
モロッコ、タンジェ、フェズ等、過去に「行ってみたいな」と思った街を辿るエッセイだ。
その中でも宗教の対立に漠然と触れているが激変したこの現状に著者も驚きを隠せないのではと思う。

中東地区の箍が外れたのはフセイン政権の打倒を目指したイラク戦争以降だという指摘が多いがアラブの春は間違いなく状況に拍車をかけたと思う。

独裁者に厳しく統制され重苦しい雰囲気の中でも平穏な日々があった暮らしと、死が身近にあり難民と成らざるを得ない現実との比較に多くの人達は今何を感じるのだろう。
仮にイスラム国を殲滅してもこの地域の平和への道のりは遙かに遠いものに思われる。
Category: つぶやき
Posted by: sawayama