藤原新也氏の「メメント・モリ」を読んだ時の衝撃は今も忘れ難い。
写真が好きになった今、再読すると今更ながらに氏の表現力の凄さに新たな感動を覚える。

フイルムとデジタルの差もあり近づけることはなかなか難しいのかもしれないが、切り撮った一枚に情景以上のものが込められるような感性を磨きたいと最近切に思う。