ようこそ、行政書士 澤山一宏事務所へ


 

 官公署への届け出書類や法律関係で
 お困りのことはありませんか。
 お気軽にご相談下さい。

        Kazuhiro Sawayama



業務ピックアップ
 
最新記事



あっと言う間に11月も後半。「光陰矢のごとし」の実感度合いが一年一年強まる。
そして間違いなく肉体は老いている。

NHKで冒険家田中陽希氏の国内の名山を走破するグレ-ト・トラバ-スを放映している。
凄まじいばかりの体力と気力に圧倒される。
2000m近い山を一日に複数クリアしてゆく奮闘振りに感心することしきりだ。

先日は寒くなり死ぬほど嫌いな「ヘビ」に遭遇する危険性も無くなって来たので伊豆半島の猫超岳(ねっこだけ)方面を約5時間単独行で歩いて来た。グル-プで行く場合のコ-ス確認も兼ねたものでもある。
厳しいアップダウンも少なく紅葉進む伊豆の山中を静かに歩きながら「森は人を詩人にする」などと、いたく満悦なひとときであった。

日本アルプスの名峰にも体力のある内にチヤレンジしたいと思うが、山行の後の風呂とお酒そして爆睡が楽しい訳であり、時間の許すかぎりそれにふさわしい山を探してみたいと思う。
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

10/18: 山里



ここしばらく民俗学者である宮本常一氏の「山に生きる人々」という本を読んでいたが、日本中に僅か数十年前まで様様な暮らしがあったことに驚かされる。
蕎麦の花を求めて信州を訪ねた折、伊那の下栗の里まで足を伸ばしたが、ここも凄い所であった。
「山に生きる人々」にも採り上げられており「さもありなむ」と実感した。
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

03/18: 梅の花



東京も桜の開花宣言がなされた。
梅は今が盛りだ。
日本の伝統的な家屋に寄り添うように咲く控え目な花。そこはかとなき余韻が感じられ「早春の風情も此処に極まれり」といったところだ。
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

03/12: 満開



  ひと足早い南の桜はまさに満開。
  川面に揺れる灯りも幻想的な一夜であった。

   咲き満ちてこぼるる花もなかりけり

                  嘘子



Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

11/19: 機影



17日は所属する会の旅行で横浜へと出かけた。
メイン企画は遊覧船をチャ-タ-し横浜港より羽田沖へ出て「羽田空港の新滑走路より離陸する飛行機を真下から見よう」というもの。
「激写のチャンスもあるやもしれぬ」と期待したが、生憎の雨。
好天の続く中、天気予報はこの一日のみの雨であり誠に残念であった。

雨中の航海であり、スピ-ドも速く船酔いに苦しむ参加者も数人みえたが、穏やかな天候ならなかなか良い企画ではなかったろうか。
京浜工業地帯の工場群も迫力あり「工場萌え」写真愛好家の気持ちも分かるようであった。
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

09/24: 山里の秋



山里の秋は素晴らしいと今更ながらに思う。
一面の蕎麦の花、風にそよぐコスモス、まさに古き良き日本の原風景を見る思いだ。
社会や政治が混沌として来る中、懐かしい風景やそこに営まれる人々の穏やかな暮らしこそ日本の宝だと思わずにいられない。

Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

08/02: 夏祭り



貴船祭りの飾り船を撮りたいものだと思い週末真鶴へ出かけた。(暑かった)
明るい昼間の船と夜の幻想的船の2ショット狙いであったが、「祭りの初日は夜船は港に停留したままですよ」と聴いてがっかりしてしまった。
確かに夜は橋幸男の歌謡ショ-がメインであった。

港湾を歩き、撮影もなくなったことでビ-ルで喉を潤す。
さざえの壺焼と塩辛で御満悦の態である。
帰り際にベランダから眺めた夜景は旅情を誘うものもあり釈迢空の歌などが脳裏をよぎりなかなか良いものであった。

   旅ごころもろくなり来ぬ
     志摩のはて安乗の崎に灯の明りみゆ
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

07/17: ポピ-



梅雨明け宣言がなされた。
雲の垂れこめた陰鬱な空を見ていると実感は湧かぬが、夏の到来だ。

珍しく晴れた休日の朝、夏富士を期待し山梨へと向かった。
早朝の平原にはヒナゲシにもよく似たポピ-の花が満開であり印象派の絵画のような風景が広々と拡がっていた。


Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

04/17: 山梨の春



   山梨の春は花で一杯だ。
   桜よし。梅よし。
   まさに桃源郷と呼ぶにふさわしい



   
Category: 小さな旅
Posted by: sawayama

04/11: 花盛り



  肌寒い春ではあるが花の盛りだ。
  仕事の段取りを考えつつ天気予報とにらめっこ。
  一年一年これからの四月は益々慌ただしいことになりそうな予感。

Category: 小さな旅
Posted by: sawayama