秋晴れの休日、時間があると自然と足は千本浜へと向かう。
今回はかなり歩いた。

改めて思ったことだがまことに千本浜は「ネコだまり」が多い。
ほどほどの距離を保ちつつ何匹かが集団で暮らしている。
じっと見ていると中にはトコトコ近づいてくるものもおりなかなか可愛い。
のどをゴロゴロしてやると気持ちよさそうにスリスリしてくる。
見るからにノラ猫然としたものもいれば、コロコロ品よく太ったものもおり不思議だ。

ネコを相手にしていたら首輪は着けているがなんとなく放し飼いという感じの犬まで寄ってきた。
最初は身構えたがよく見ると老犬に近い感じで顔も精悍さのない間の抜けた感じだ。
ネコ達も気にすることなく最後は皆で秋の陽光を楽しむ形になった。

静かに波の音だけが聞こえてくる誠にまったりとした安らぎに満ちた午後である。

null