梅雨の合い間に太陽も顔を覗かせた某日、千本浜へ。
午後は曇り空であったこともあり夕焼けも期待したほどの色は出ず、「少し散歩してから帰ろうか」と東へトコトコ。半時間ほど歩きそろそろ駐車場へ帰ろうかと西の空を見た途端、絶句してしまった。空が神々しいばかりに焼けているではないか。
夢中になりシャッタ-を切り続けてしまった。
空間の美を作り出すのは光であり、光を捕える行為こそが風景を撮ることだと納得もした至福の時間であった。